電子化などで便利に生活【デジタル機器でラクラクライフ】

オフィス

アフターフォロー

パソコン

デジタルタコグラフは車両管理を行う上で、現在では多くの企業に利用されるようになっています。正確に走行距離や走行時間を計測してくれますから、分析などを行う上でとても便利なものだからです。

Read More

デジタルタコメーター

パソコン

最近の運送会社では昔のアナログにかわりデジタコを導入する会社も増えてきています。経営の効率アップ、事故を減らす効果も高いなど目に見える効果が期待できることであるといえます。エコドライブは私たちにもありがたいものです。

Read More

安全な文書管理

文書の電子化で企業経営をスムーズに進めませんか。書類の精査からスキャンまで一括で行ってくれる業者は沢山ありますよ。

過去の文書の有効活用

パソコン

オフィス内に散乱している文書を電子化するメリットとして、文書の共有化できる事が挙げられます。紙ベースで保管していると、過去のお客様への提案資料や技術資料は、個人ベースで保管する事が多くなります。お客様への提案資料作成等において、過去の類似の提案資料を参考にできないケースが発生します。しかし、文書を電子化し、社員全員で共有できるようになると、過去の提案資料の参考にし、資料作成稼働削減にも繋がります。削減できた稼働は、他の業務に回す事も可能で、企業内で効率的なサイクルで業務を回す事が可能になります。また、文書を電子化すると、紙ベースの資料を保管するスペースも不要になり、オフィス内を効率的に利用する事が可能になります。

電子化によるメリット

近年は、オフィス内でも、顧客情報、機密情報を厳重に取り扱う必要があります。顧客情報、機密情報が社外に漏えいした場合、企業にとって重大な損失が発生します。紙ベースで情報をやり取りすると、顧客情報、機密情報の流出リスクが高くなります。文書を電子化する事のメリットとして、顧客情報、機密情報を必要な社員にしか公開せず、また期限が過ぎれば、情報はシステム的に廃棄できます。また、ワークフローと連動するシステムもあります。顧客情報、機密情報等を参照する際、顧客情報管理者に承認フローが回り、顧客情報管理者が承認しないと文書を参照できないといったフローをシステム化する事が可能です。このような、文書管理システムの利用により、顧客情報、機密情報に厳重なセキュリティ対策が実現できます。

データを守りたい人へ

パソコン

データ復旧サービスは、記憶装置が登場し、記憶できる容量が増えていく状況に合わせて、その技術が発展してきたサービスになっています。データを復旧させるので、安心してデータ復旧サービスを受けることができるのです。

Read More